panchoのブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://daikanyama.areablog.jp/pancho2017

<WEB動画>中田英寿とバティストゥータが対談

一時代を築いてきた日本の中田英寿氏。彼は私達日本人が世界で本当に活躍出来る
というのを証明してくれた先駆者です。

21歳でイタリアに渡りそこで一流の選手として世界で認められました。

ある人は彼はサッカー選手ではなくてビジネスマンだという人もいるでしょう。
ですが、彼がサッカーを通しておこなってきたことは私達日本人に大きな影響を
及ぼしました。 

このことは紛れもないことです。

しかもイタリア語を習得して話せるようになったこと!
彼が重きを置いたのは現地の人達とのコミュニケーションを
いかにとるかです。

アルゼンチンのバティスチュータとの会談でも言っていましたが、
言語の習慣がコミュニケーションに必要であること。

これは紛れもないことです。

今も昔も日本では英語の習得に膨大な時間を費やしていますが、
なかなか上達しないのは明らかなことです。

日本の文部科学省も一昔前の日本人が英語を上手く操ることが
出来ていた時代のことを今一度見直す必要があるのではと思います。

明治時代の日本人は英語がとてもうまかったのです。

それは何故かというと、その当時の日本人達は当然インターネットも
ないスマホもないし、当然アプリもないです。

そんな中、当時の日本人達で英語学習を続けていたのですが、
その学習法は簡単です。

圧倒的な多読です。 原書はたくさんあったので、図書館等に
置いてある英語の原書を毎晩読み漁っていたのです。

この多読があってその当時の日本人達は英語をきちんと話せる
ようになったのです。

このことから明らかなのは私達日本人には読み書きからの学習が
一番合っています。 特に10歳を過ぎてから、英語を学習する
場合は読み書きから入っていくのがベストです。

従って、日本の文部科学省も今一度以前の英語学習法である
読み書きを中心とした学習に戻るという考えに気づいてもらい
たいです。





サッカー
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://daikanyama.areablog.jp/blog/1000263203/p11755451c.html
スポーツ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
暴行問題余波で冬巡業外出制限も 夜間飲み歩きに目を光らす
  1  |  2  
このブログトップページへ
panchoイメージ
色んな事について情報発信するブログです。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 9 157
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック