り出される獣的な迫力は

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://daikanyama.areablog.jp/iasbelakiyy

て言った

「いいんだよ、女予言者。その疑問にたいする実際的な答えはぼくたちで見つけるさ」ガリオンはベルガラスに視線を移し。「それじゃやってみようか。トラクは悪夢でぼくをおびえさせようとした。こんどはザンドラマスが同じことをしようとしているように見える。ただし、前回とちがうのはザンドラマスがそれをぼくたち全員にやっている点だ。これまでよくあった繰りかえしのひとつじゃないとすると、これはいったいなんなんだろう?」
「あの子の分析能力は相当なもんだぞ、ベルガラス」ベルディンが言った。
「当然さ」老人は謙遜した。
「自分の背中をたたこうとして肩の関節をはずさんようにしろよ」ベルディンは憎まれ口をたたくと、立ちあがっておでこに思考のしわを刻んだまま、行ったりきたりしはじめた。「じゃ、やってみるか。ひとつ。これは、当初からおれたちにつきまとっていた退屈な繰りかえしのひとつではない、そうだな?」
「そうだ」ベルガラスが同意した。
「ふたつ。それは前回とほぼ同じようにして起きた」ベルディンはガリオンを見た。「そうだな?」
「そうだよ」
「これじゃたったのふたつだ。二回じゃ、偶然ということもありうるが、偶然じゃないと仮定しようぜ。おれたちは〈光の子〉がつねに仲間連れなのに、〈闇の子〉はつねにひとりであることを知ってる」
「シラディスの話によるとそうだ」ベルガラスがうなずいた。
「彼女がおれたちに嘘をつく理由はない。ようし、〈光の子〉に仲間がいるのに、〈闇の子〉がひとりきりだとすると、〈闇の子〉はひどく不利になるんじゃないか?」
「おまえはそう思うんだな」
「しかしこの両者の力は神々でさえ結果が読めないほど、つねに伯仲していた。〈闇の子〉はなにかを利用して、おれたちのあきらかな優勢をひっくりかえそうとしている。おれはこの悪夢もその一環だと思うんだ」
 シルクが立ちあがって、ガリオンに歩みよった。「こういう議論を聞いてると、頭痛がしてくるんだ」と小声で言った。「しばらく甲板に出てる」シルクが船室から立ち去ると、これといった理由もなく、ひょろりとした若い狼もあとについていった。
「悪夢の二つや三つ、どうってことはないとわしは思うがね、ベルディン」ベルガラスが反論した。
「でも、悪夢がザンドラマスのたくらみのほんの一部だとしたらどうなの、おいぼれ狼?」ポレドラがきいた。「あなたもポルもボー・ミンブルにいたわ。あれもこれらの対決のひとつだったのよ。あなたがたふたりはすでに二度〈光の子〉に同行したのよ


て言った
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://daikanyama.areablog.jp/blog/1000206008/p11646103c.html
なり異なっ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
まず耳だが眠りこ
しまい、ミルドレッ
数日後の朝
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
り出される獣的な迫力は
プロフィール
り出される獣的な迫力は
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 6 894
コメント 0 1
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[西宮] 生まれも育ちも西宮
[赤坂] 馬鹿話
[明石・加古川・姫路] 【姫路市 整体・カイロ】…

最新のコメント

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック