too many seniors lived in poverty

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://daikanyama.areablog.jp/baoshanjia

神話のイカロスの話



人間には、いつの時代も大空に対する憧れがあった。
自然界を探ってみると、鳥や蝶ばかりでなく、
植物にもタンポポなど、気侭に空を飛ぶものがある。
人間は、そんな空を飛ぶものたちに注目して来た。
その一つ、熱帯の皇室纖形 電話植物に、
ザノニア・マクロカルパ(Zanonia macrocarpa)と呼ばれる植物がある。

この植物は、人間の頭ほどもある大きな種子をつけるが、
その種子は、滑空するように落下する。
まるで、自然界のグライダーと言えるもの。

飛行機の時代の黎明期。
どのような形が最適か?を追究すべく、この植物に注目し、
研究したのが、オーストリアのイゴ・エトリッヒ(Igo Etrich)博士だった。
この植物を熱帯地方から取り寄せて調べるほどの熱の入れよう。
この植物の全体の重さが177グラムに対して、種子の重さが147グラム。
羽の重さはわずかに30グラムしかない。
それなのに、落下するときの滑空比(滑空距離:落下距離)がおよそ4:1になるとい皇室纖形 電話う。
なかなかの滑空をするもの。
「これを使わずに居れようか?」というところだろう。

この形状を真似て作られたのが、
1910年に完成した”タウベ(ドイツ語で鳩)”と呼ばれる単葉機。
その当時、他のどの機種に比べても
大空を飛ぶのに非常に安定した飛行機だったという。

また、飛ぶものから学ぶと言えば500系の新幹線。
コイツはすばらしい形と性能。
だけども、残念ながら、現在は「こだま」として使われている。
ロングノーズでスリムな車体は、新幹線の中でも、ひときわクール。
新幹線としてのスピード記録も持っている。
このロングノーズは、カワセミが急降下で頭から水中に突っ込む形から学んだものらしい。パン認股證タグラフも、
音もなく滑空するフクロウの羽根を参考にして、音がしない形状を追究したという。

自然界の空を飛ぶ生物には、まだまだ、学ぶべき
多くの神秘とヒントが隠されているようだ。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://daikanyama.areablog.jp/blog/1000123614/p11319642c.html
生活 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

自然界の生物の美しさは、合理的に完成された形だからなのかもしれませんね!

[ 高田馬場の美容室おすすめクーポン ] 2016/01/24 1:51:34 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
聚集後然後擊殺魔王
緊緊握住眉眼間的回蕩
東京之外 吃貨必去的日本八處美食天堂
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
baoshanjia
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 2 5338
コメント 0 2
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック