不過依然還是故作老練

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://daikanyama.areablog.jp/firsthing

我細數著明末清初秦淮八豔

古時,金陵秦淮河的內河,稱“六朝金粉”的“十裏秦淮”最繁華的地帶。那些個已經遙遠的昔日舊夢,岸上水榭歌台,金歌曼舞,岸邊葉柳垂簾,隨著一陣清風吹過,濛濛的煙雨向水面潑散,那畫舫在水中遊離,輕歌慢搖,“漿聲燈影連十裏,歌女花船戲濁波”,在明清時代,秦淮河一帶成為王公貴族的紙醉金迷之地,“畫船簫鼓,晝夜不絕”,上演了不少淒豔哀絕的風流韻事,旖旎了這十裏秦淮的水光夜色,在槳聲汩汩中,細細領略那晃蕩著薔薇色的曆史秦淮河的滋味,墜入曆史的夢幻之中,再現“桃花扇”的情節,神往六朝金粉景象,仿佛又重見當年畫舫淩波笙歌徹夜的繁華。

依窗聽風耳畔過,那槳聲依舊,水浪滔滔,畫舫依然漂泊在水面,隱約我似乎能聽到那秦淮八豔的清歌麗曲,從秋水的深處隱隱而至,緩步在秦淮河畫廊中,望著來回穿梭的五彩畫舫,我細數著明末清初秦淮八豔“柳如是、顧波、馬湘蘭、陳圓圓、李香君、寇白門、卞玉京、董小宛。”在風塵的煙雨中我看見了,她們都是明末清初,生活在秦淮河上的紅塵女子,個個都是才貌雙全,賣藝不賣身的名角,如出汙泥而不染的荷花。

清靜的日子總是給戰亂而破,史書裏記載,明朝衰敗清軍兵臨城下時,你拒絕投降,夫君降清去了京城,也絕不同流合汙,獨自留在金陵,盡全力資助那些抗清義軍,柳如是你不愧為“秦淮八豔”之首,在古時的十裏秦淮的記事中,發生的那些個愛國愛家的錚錚鐵骨,那些不讓須眉的女子,更讓後生敬意。雖然“秦淮八豔”故事,早已飄散在曆史的天空中,沉澱在煙雨散去的秦淮水中,娓娓道來那六朝金粉,總是讓人們浮想聯翩,魂牽夢繞。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://daikanyama.areablog.jp/blog/1000272234/p11774100c.html
文章 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
教師抱怨家長群成工作負擔:每天都在開家長會
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
不過依然還是故作老練
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 1 37
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック