ここにいない

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://daikanyama.areablog.jp/wisofby

Stars on a Snowy Night



Bing Xin

    The thermometer had dropped to 18 degrees below zero,but still chose to sleep in the porch as usual. In the evening, the most familiar sight to me would be stars in the sky. Though they were a mere sprinkle of twinkling dots,yet I had become so accustomed to them that their occasional absence would bring me loneliness and ennui.

    It had been snowing all night, not a single scar in sight. My roommate and I,each wrapped in a quilt, were seated far apart in a different corner of the porch, facing each other and chatting away.

    She exclaimed pointing to something afar, "Look, Venus in rising!”I looked up and saw nothing but a lamp round the bend in a mountain path. I beamed and said pointing to a tiny lamplight on the opposite mountain,  "It's Jupiter over there!”

    More and more lights came into sighs as we kept pointing here and there. Lights from hurricane lamps flickering about in the pine forest created the scene of a star-studded sky. With the distinction between sky and forest obscured by snowflakes, the numerous lamp-lights now easily passed for as many stars.

    Completely lost in a make-believe world,I seemed to see all the lamplights drifting from the ground. With the illusory stars hanging still overhead, I was spared the effort of tracing their positions when l woke up from my dreams in the dead of night.

    Thus I found consolation even on a lonely snowy night!



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://daikanyama.areablog.jp/blog/1000205133/p11463493c.html
ある顔と | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ようになったが

「けっこう」女の手が腰に巻いた鎖におり、じゃらじゃら音をたてながらはずした。彼女は暑苦しい赤い衣服の前を開き、それを脱ぎ捨てると、かたわらのタッショーに渡した。次に慎重な手つきで首縄をはずし、ゆたかな漆黒の髪を赤いシルクのリボンできっちり後ろにたばねた。女は赤いフェルト服の下に、足元でさらさらと絹ずれの音をたてる、マロリー製のシルクの薄もの一枚をまとっているだけだった。シルクのガウンは彼女のふくらはぎに達し、その下に柔らかい革製の長靴を履いている。両長靴のへりから宝石をはめこんだ短剣のつか[#「つか」に傍点]が突きだしていた。三つめの短剣は、腰を締めつける革製のベルトにはさみ込まれていた。ガウンはのど元のカラーできっちり止められていたが、肩から先の腕はむきだしになっていた。女の両手首を五、六本もの細い腕輪が飾っている。彼女は優雅さを多分に意識しながら、かがみ込み、両方の足首に小さな鈴を結びつけた。そして、なめらかな丸い腕を上げて顔の横に持っていった。
「この拍子でお願いするわ、顔に傷のあるお方」彼女は罠師に向かって言った。「ずっとそのままの速度を保つのよ」女は手をたたき始めた。拍子は規則ただしく三拍打ったあとに、断続的な四拍が続くというものだった。ヴェラはゆっくりと気どった足取りで踊り始めた。彼女が動くたびに、ガウンの裾がなまめかしいふくらはぎとすれ合う音がした。
 やがて痩せぎすな罠師が彼女の手拍子を引きついだ。ヴェラが踊り始めると同時に突然の沈黙が落ち、たこ[#「たこ」に傍点]のできた手をたたく音が、やたら大きく響きわたった。
 ガリオンは顔が赤らむのを覚えた。ヴェラの動きはたいそう繊細で滑らかだった。足首に結びつけた鈴と、腕に飾った腕輪がチリンチリンと鳴って、痩せた男の手拍子に色どりを添えた。足が宙にひるがえらんばかりに複雑なステップを踏み、腕は空中にさまざまな模様を描きはじめた。だがバラ色の薄いガウンの下では、さらに注目すべき動きが行なわれていた。ガリオンはごくりと唾を飲み、いつのまにか息をひそめている自分に気がついた。
 ヴェラが旋回をはじめると、宙に広がる漆黒の髪の毛が、舞い踊るガウンと完壁な調和をなした。やがて彼女の動きが遅くなってきたかと思うと、再び部屋中の男たちに挑みかかるような、あの官能的な気どった足取りに戻った。
 居合わせた者たちは拍手かっさいを送り、女は神秘的なゆったりとした微笑をかえしてみせた。
「なかなかみごとな踊りだったな」顔に傷のある罠師は、心を動かされたようすもなく感想を述べた。
「当然よ」女が答えた。「あたしは何だってうまくできるのよ」
「おまえには誰か好きなやつがいるのか」男はきわめてぶしつけな質問をした。
「心にかなう男性なんていやしなかったわ」ヴェラはにべもなく答えた。「あたしにふさわしい男性にお目にかかったこともないわ」
「そいつを変えてみせるぜ」罠師が言った。「金貨一マルクでどうだ」男は確固とした口調で言った。
「冗談じゃないわ」女は鼻を鳴らした。「金貨五マルクよ」
「一マルク半だ」男がやり返した。
「まったくひどい侮辱だわ」ヴェラは両手を宙にさし上げ、嘆き悲しむ表情をしてみせた。
「四マルクよりびた一文まけませんからね」
「二マルク」罠師はさらに値をあげた。
「まったく話にならないわ!」彼女は両腕を広げながら叫んだ。「それならいっそあたしの心臓を切り裂いて、さっさと終わりにしてくれた方がましよ。三マルク半より安売りする気はありませんからね」
「お互い時間をむだにしないために、三マルクで決着をつけないか」男は断固たる口調で言った。「この取り決めを永続的なものにするという条件でどうだ」かれは思いついたようにつけ足した。
「永続的ですって」ヴェラの目が大きく見開かれた。
「おれはおまえが気にいった」男は言った。「おまえはどうだ」
「立ち上がって、あんたの全身を見せてちょうだい」ヴェラは男に命じた。
 罠師はそれまで腰かけていた椅子からゆっくりと立ち上がった。男の身体は、傷のある顔と同じく痩せていたが、筋骨は引き締まっていた。ヴェラは唇をすぼめて、男の全身をくまなく眺めまわした。「かれ、悪くないわね」彼女はタッショーに小声でたずねた。
「申し分ない男じゃないか、ヴェラや」女の所有者は、奨励するように言った。
「金三マルクとあんたの言う条件つきで、申し出を考えさせてもらうわ」ヴェラが宣言した。
「あんた、名前は?」
「テックだ」背の高い罠師はわずかに身をかがめながら自己紹介した。
「それじゃ、テック」ヴェラが言った。「そのままここにいてちょうだい。タッショーとあたしはこれからあんたの申し出について、話し合わなきゃならないことがあるから」彼女は恥ずかしげな視線を男に投げた。「たぶん、あたしもあんたが好きだと思うわ」心なしか、先ほどまでの挑みかかるような口調は薄れていた。女はまだタッショーの拳に握られている、首の縄ひもを引っ張って、老人を居酒屋の外へ追いたてた。彼女は肩ごしに一、二度痩せぎすな顔のテックを振り返った。
「いやはや、たいした女だ」シルクが心から感じ入ったようすでつぶやいた。
 ガリオンはようやく息がつける、まだ耳はかっかとほてっているのが感じられた。「いったいかれらの言う条件て何のことなんだ」かれは小声でシルクにたずねた。
「テックはおうおうにして結婚に結びつく取り決めを申し出たのさ」シルクが説明した。
 ガリオンはすっかり困惑してしまった。「何が何だかさっぱりわからないよ」
「男は女を所有しても、その人格までも所有する特権は与えられない」シルクが言った。「女が身につけている短剣はそれを守るためのものだ。よっぽど人生に飽き飽きしたやつでなきゃ、ナドラクの女になぞ近づかんよ。そいつを決めるのは女の方だ。結婚式は女の最初の子供が生まれたあとにだいたい行なわれるようだ」
「なぜあの女の人は自分の値段にこだわっていたんだろう」
「半分は彼女のものになるからさ」シルクが肩をすくめてみせた。
「毎回自分を売るたびに、もうけの半分をもらうのかい」ガリオンが信じられないといった声を出した。
「そうさ。でなきゃ、ひどく不公平になるじゃないか」



ある顔と
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://daikanyama.areablog.jp/blog/1000205133/p11463492c.html
ある顔と | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
ここにいないイメージ
ここにいない
プロフィール
ここにいない
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 603
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック