too many seniors lived in poverty

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://daikanyama.areablog.jp/baoshanjia

是那些優美滌蕩心扉的旋律

滾滾紅塵之中,總有一朵花,為你綻放異彩,等你低眉,等你回眸一笑,等你將嫣然的故事,化作一個個歲月的音符,跳躍在生命的脈搏上。

凝思塵世,時光如歌。在這個夏花燦爛時候,每一朵花裏,都含著妙理,含著溫情。微風稠密著綿軟的情懷,清K如水的思想,徜徉在靜謐的午後。

靜守清寂,不言孤獨

窗外的陽光,穿透密密匝匝的葉子,灑下一道道的斑駁。一個人的午後,愜意疏朗。偶爾看看遠處,車輛遊龍般,不知酷暑,駛向遠方;偶爾閉目沉思,總有一些舊日的美好,爬上心頭。

獨處的時光是孤獨的,音樂是最美的伴侶。時而悠揚,時而婉轉。耳邊流淌著無邊的溫柔,如那女子雋永的微笑聲,醉人怡心、清K靜美。

醉心的,是那些優美滌蕩心扉的旋律;難忘的,是那些在心中抹不去的記憶。有些事情,根本無需刻意忘記,或者記起,一切隨緣。

靜守清寂,不言孤獨

有人說孤獨是可怕的,然而我倒是覺得孤獨最好,可以更清楚的看清自己,讀懂自己。一位哲人說:“越偉大,越有獨創精神的人,越喜歡孤獨。”

孤獨,是一種境界,也是一種享受,讓靈魂寧靜,不被外界喧囂打擾。真正甘願享受孤獨的人,內心會隱現出不可言喻的快樂。

一個人獨處的時候,總有一些鏤刻在心底的故事,騰空而出,泛著記憶的碎片,伴著濃濃的深情。生命的斑駁,正是因為一些刻骨銘心的美麗,才愈加珍貴。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://daikanyama.areablog.jp/blog/1000123614/p11770551c.html
生活 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
財政部:前7月國企實現利潤超2萬
深圳棚改未動房價先動
聚集後然後擊殺魔王
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
baoshanjia
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 8 5723
コメント 0 2
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック